審美治療 | 診療案内 | 広島市中区の歯科・無痛治療・いびき治療は林原歯科クリニックへ

審美治療

総括的な治療

全顎的に処置を必要とした症例

術前

咬合崩壊を伴う審美障害

術中

神経の再治療と残存歯のホワイトニングを並行。噛み合わせのズレ等を考慮してセラミックス冠を装着。

歯茎の黒ずみ、色調の不調和等の問題点を改善して審美治療を行った症例

“メタルタトゥー”と呼ばれる金属イオンの浸潤部分をレーザーで除去。ホワイトニングを上下歯列に施術したのちに、セラミックス・クラウンをかぶせました。

レーザーによる歯肉整形でガムラインを調整し、セラミックス冠に微妙な色着けを施した症例

術前

主訴: 前歯の長さを揃えて綺麗にしたい。仮歯のラインからいかに短かったかが分かる

術後

レーザーで歯肉整形を行った。

前歯を綺麗にするとともに下の歯が見えるようにしたいという要望に応えた症例

術前

術後

歯茎の整形後にセラミックス冠を装着下の歯が少し見えると随分ちがいますね。

レーザーにより歯冠長を長くしてセラッミックス冠で修復しました。意外とこんなことで悩みながら、改善方法が分からない方も多いようですが、決して諦めることはありません。

色調を重視した施術例です。入れた前歯の色が白すぎて気になるという主訴に対して

術前

確かに周りの色とはかけ離れた白さです。しかも、歯茎に炎症が見られます。

術後

ナチュラルに仕上げるのも重要なポイントです。歯肉の健康が維持されるような治療配慮が重要です。

ベニア修復テクニック

歯をほとんど削らずに修復する”ベニア修復テクニック”により改善

術前

前歯の隙間が気になっていたが削るのが嫌で放置。先天性の歯牙欠損並びに乳歯残存、問題点が多かった。

術後

ベニア修復を基本的に応用。数種のテクニックを駆使して改善した例。

修復に使用した”ベニア”

模型上で念入りにデザインを検討します。

積極的なレーザー応用例

前歯の根が割れていたために抜く必要があった症例です。

歯を抜くと、どうしても陥没します。この状態のまま型取りすると、いびつな形のダミーの歯を入れることになります。少し歯茎の形態を整形して型取りすると、自然な形のものが入ります。しかも食べ物が挟まらない形となり、予後がグーンと良くなります。

術前

術後

レーザーで歯茎のラインを揃えます。歯茎とダミーの歯との間に隙間なく、息もれもありません。

他の症例ですが、欠損歯の部分がまるで自然に生えているように再現修復が可能です。

術前

術後

別の症例です。同様のテクニックを駆使しています。非常にナチュラルです。

前医で1日前に入れたばかりの前歯が嫌なので外してほしい と依頼された症例

術前

術後

このような場合には、まず問題点をピックアップして対処していきます。この症例では多数の問題点がありました。

1.まず被せ物の色があっていない
2.形がおかしい
3.歯茎に炎症が残っている
4.根の先に膿が溜まったままになっている

さらに冠を外してみると、さらに問題点が判明しましたので設計と追加治療を計画的に行い、美しい被せ物を入れることに成功しました。

具体的には

被られたセラミックス冠を除去してみると、歯茎のラインが左右違うのでレーザーで相似形に歯肉整形。

黒線の部分が不調和の原因となっている”幅”に対する考慮がなされていないので、歯冠幅を適正に付与した。

様々なテクニックを駆使した例
歯肉整形・ホワイトニング・ベニア修復・オールセラミックスクラウン修復

前医にて矯正後前歯にオールセラッミックスを被せたものの、審美的に不満足

術前

術後

左右前歯の大きさが異なることと、左右2番目の歯が両方とも矮小歯(わいしょうし)のために隙間が生じていたので、左右4本の大きさとラインを考慮したデザインを行い新修復物装着して、大幅に審美性を回復しました。

術前

術後

レーザーで歯肉整形して左右相似形に仕上げた。特殊な形態であったが、問題なく”ウイング形態”に整形。

ホワイトニングと歯列矯正を同時に行うプチ矯正

■初診時

■2ヵ月後

■6ヶ月後

ホワイトニングと歯列矯正を同時に行うプチ矯正を行った症例です。

診療のご予約はこちら

各種お問合せ・ご質問などはぜひお気軽にお問い合わせください。

※スマホで閲覧されている場合

下記の電話番号ボタンを押しますと直接お電話いただけます。