むし歯治療 | 診療案内 | 広島市 中区の歯科クリニック|林原歯科クリニック

むし歯治療

むし治療方法も随分変化していますが、基本的には感染脱灰した部分を除去して形態・機能修復を行います。

接着機能も向上して歯冠色のプラスチックによる審美的な治療が普及していますが、黒く見える部分だけがむし歯ではなくて歯茎の中までう蝕が進んでいる場合が多々あります。

この部分まで見逃さずに除去・修復することがポイントとなります。私達はこんなところも徹底して治療を行っています。

術前

術後

歯茎のキワが黒くなっています。しかし、もっと深部までう蝕は進行しています。レーザーで歯茎をカットしてきちんと修復する必要があります。もちろん、麻酔なしで痛みもなくカットができますので心配は要りません。

術前

術後

覆いかぶさるように詰め物がしてあるために「二次う蝕」を起こし、さらに歯茎に炎症を起こしています. きちんと修復すると歯茎の健康も取り戻せます。

今はレーザーで歯を簡単に削ることができますので最新テクニックを紹介します。

この度導入したLightWalker ATSによる実際の治療を動画で確認してください。振動や痛みもなく非常に快適で、無菌的に治療ができます。

まず古い詰め物を除去して、う蝕部分を取り除きます。このケースは非常に大きな欠損だったので、取れないようにピンを補強材として埋め込みました。こんなところにも細心の注意を払っています。

診療のご予約はこちら

各種お問合せ・ご質問などはぜひお気軽にお問い合わせください。

※スマホで閲覧されている場合

下記の電話番号ボタンを押しますと直接お電話いただけます。