根管治療における歯科用レーザーの洗浄能力の優位性がようやく | お知らせ/ブログ | 広島市 中区の歯科クリニック|林原歯科クリニック

根管治療における歯科用レーザーの洗浄能力の優位性がようやく

投稿日:2021年12月17日

根管治療を難しくしている要因の一つに 複雑狭小な根管形態の管や隙間から感染物質を取り除く「根菅洗浄」が昔から言われています。

スタンダードな方法として広く行われているのが「化学的な洗浄」です。しかし、化学作用では時間的にも反応の作用範囲的にも不十分であり、後々の予後不良を起こして再治療となっていました。

 いかに化学反応を活性化して隅々まで清掃除去という方法が模索されていましたが、歯科用レーザーの一つであるEr:YAG 系のレーザーによるキャビテーション効果に20年前から着目していた私は当クリニックでかねてから実施していました。

 この レーザーによる根管清掃はさらに「根管形成」呼ばれる根管を大きく拡大することを「最小限度に拡大する」ことにもつながり、「根の破折」を防ぎ歯根の保存に大きく貢献する術式へとリンクしています。

 当クリニックでの根管治療に期待してください。

 (1) ( Int. Endo. J. 54; 1037-1050.2021より)

 (2)( Lasers Med Sci.36; 719-728.2020より)

 (3) ( Int. Endo. J. 53; 1111.2019より)

お知らせ/ブログ

< 12 3 4 5 >

診療のご予約はこちら

各種お問合せ・ご質問などはぜひお気軽にお問い合わせください。

※スマホで閲覧されている場合

下記の電話番号ボタンを押しますと直接お電話いただけます。