セミナーを開催しました ~vol.2~ | お知らせ/ブログ | 広島市 中区の歯科クリニック|林原歯科クリニック

セミナーを開催しました ~vol.2~

投稿日:2008年08月08日

7月に引き続き、Waterlase YSGG 第2回アドバンス ハンズオンコース 『レーザー・マイクロスコープを活用したマイクロサージェリー』のセミナーを、9月23、24日の2日間に渡って開催いたしました。

広島大学大学院教授小川哲次先生と、林原歯科クリニック院長・WCLI-Japan理事、林原久盛が講師として、1日目は当クリニックでの講義やライブデモ、実習を、2日目は広島大学病院内での実習を行いました。
「テレスコープ」とは医療用拡大鏡のことで、臓器移植や心臓外科でも用いられております。さらに高倍率な「マイクロスコープ」は、脳外科や眼科で多く使用されています。

精密治療の考え方が一般化しているアメリカでは、すでに65%(※拡大鏡メーカーによる)の歯科医師がテレスコープを日常的に使用しています。日本でテレスコープを使用している歯科医師はまだごくわずかで、質の高い治療を患者様に提供しようと、ようやく導入が始まったという段階です。
最先端の高度な歯科医療では、肉眼では捉えることのできない細かさ、精密さが必要とされます。初期のむし歯などについて可能な限り削らない治療法(ミニマル・インターベンション)が多く採用されるようになり、より高度な技術を要する歯槽骨の再生治療やインプラント(人工歯根)の植立、審美的に優れた修復治療へのニーズが高まっています。

今、テレスコープの普及は、より多くの人が精密な治療を受けるために欠かせない物だと言えるでしょう。
より精密な治療を広め、患者様に提供したいという願いをひとつに、今回のセミナーも充実した内容となりました。

お知らせ/ブログ

< 12 3 >

診療のご予約はこちら

各種お問合せ・ご質問などはぜひお気軽にお問い合わせください。

※スマホで閲覧されている場合

下記の電話番号ボタンを押しますと直接お電話いただけます。