広島県広島市中区舟入南2丁目1-1

082-294-8848

広島県広島市の林原歯科クリニック|最新レーザー治療、無痛治療、いびき治療、歯周病治療、ホワイトニング、矯正歯科

根管治療

症例集 セミナー情報 歯科医師・衛生士 募集中 dentoloesthetic blanc neige

根管治療

根管治療

 根管治療で重要なことは、感染した歯髄組織をきちんと取ること、根管の形態を壊さないこと、根管の中にいる細菌をやっつけること、そして、きちんと根の先まで薬剤で封鎖することです。
 しかし、根管形態・長さ。根管数が多様で個人個人によって異なることが治療を困難にしている難しい治療の一つですが、きちんと処置しておかないと後々根尖に病巣を作ります。
非常に大事な処置ですので、丁寧な処置を当クリニックでは行っています。
また、根管内殺菌を可能な限り行うために、殺菌に有効なレーザー照射も治療過程に行っています。

治療例をご紹介します。

  • 症例1)虫歯が進行して、歯髄炎を起こしています。その結果ズキズキした痛みで来院。

    かなり彎曲した根管ですが、特殊なテクニックで3根管の根の先まできちんと薬剤で封鎖しました

  • 症例2)下顎の6番が歯冠崩壊して残根です。長い間放置していた為に隣の7番が傾いてきています。

     6番の残根抜歯と7番の抜髄を同時に行いました。この歯の根管も狭小で彎曲しています。しかし、特殊なテクニックで彎曲に沿った根充が完璧にできています。この症例でもレーザー殺菌を施しています。

  • 症例3)感染状態がひどくてなかなか膿の袋が消えないので、レーザー主体の治療を行った症例

     下の奥歯の頬側に大きな膨れた状態のものができています。難知性のものですが、レーザー治療を加えることで消失し綺麗に治り、歯の保存ができました。

  • 症例4上の奥歯が根っこだけの状態になり、膿の袋ができていてさらに歯茎の下まで欠けています。抜歯せずに保存治療を施術しました。

    矢印の部分にイボのようなものができています。レーザーで根管内を殺菌。膿の袋が消失しています。

  • 症例5)歯牙が歯茎の中まで折れこんでいます。こういう場合には根管治療の前処置として根っこに覆いかぶさっている歯茎を取り除く必要があります。


    • 術前

    • 術後

      レーザーで歯茎のカットして根を明確に露出。麻酔は必要ありません。

  • 症例6)この程度の歯冠崩壊でも歯茎をきちんとカットして根管治療を成功へと導きます。


    • 術前

    • 術後

      根管治療の前処置として歯根をレーザーで露出させます。

きちんとした根管治療に必要なものの一つに「根管洗浄」があります。

 では、どんなふうに行っているのでしょうか。当クリニックで行っている方法を少し解説しておきます。

  •  歯根を二つに割った面です。
    どうしても根管治療後に切削した牙粉が根管壁になすりつけられます。( 黄色の矢印) 治療を効果的にするためにはこれを除去しなければなりません。

除去は難しいのですが、レーザーと特殊テクニックで右の写真のように綺麗に除去できます。

電子顕微鏡写真でさらに見てみましょう。

  •  根管の中を観察したものです。根管内象牙質には無数の穴があります。この穴の中には腐敗物や細菌が存在します。

 当クリニックで行っているレーザー根管洗浄の状態を観察してみます。ここまで行わないと、きちんとした根管治療は行えないのです。

  •  洗浄すると無数穴が見えてきます。この状態で初めて薬剤による殺菌が可能となります。

根管治療とCT

根管治療とCT

1.歯根の破折と破折部位が明瞭に把握できます。

 あごの骨の中に埋まっている歯根の治療は今まで平面的なレントゲン写真により診断と加療が行われていました。しかし、亀裂・破折あるいは根の先の病巣の大きさと形態はなかなか見つけ出すことや診断が困難で、歯科医師の経験と技量に大きく依存した領域でした。しかし、多くの撮影情報から立体的に診断できるようになりましたので、適切な治療方法が確立できるようになりました。

根管治療とCT

2.上前歯の根の先の病巣も骨の破壊を伴っていることがCTでは鮮明にわかります。

根管治療だけでは不十分なことが術前に診断できます。

根管治療とCT 根管治療とCT

3.従来のレントゲンではできなかった冠状観察により根管の状態が把握できます。