広島県広島市中区舟入南2丁目1-1

082-294-8848

広島県広島市の林原歯科クリニック|最新レーザー治療、無痛治療、いびき治療、歯周病治療、ホワイトニング、矯正歯科

歯周病治療

症例集 セミナー情報 歯科医師・衛生士 募集中 dentoloesthetic blanc neige

簡単に歯周病検査ができる『バナペリオ』

歯周病はとても怖い病気です

 「歯周病」とは歯を支えている組織に炎症が起こる歯肉の病気で、ナント!成人の80%以上が罹っていると言われています。
歯肉だけが炎症を起こしている状態を歯肉炎、歯槽骨まで破壊された状態を歯周炎と呼びます。
歯周病で気をつけなければいけない点は、初期の段階では目立った自覚症状がほとんど無い、ということです。

 歯肉炎の段階で治療しておけば良かったのに、悪化して歯周炎になってから初めて歯科で受診するケースが多いのが現状です。

歯周病が進行すると…
 歯周病が進んでくると、歯が動揺(グラグラ)して、痛くて噛めなくなったりします。放置しておくと歯が抜け落ちてしまいます。
さらに、歯周病菌が血液中に入ると下記のような全身症状を引き起こします。

●血管の炎症による動脈硬化
●心臓内膜の炎症
●脳卒中等の脳血管疾患
●早産や低体重児を出産する可能性が高くなる

歯周病は口の中だけに留まらず、全身の健康に大きな影響を及ぼす病気です。
 そこで、林原歯科クリニックでは、歯周病の原因菌を簡単に行える歯周病検査器『バナペリオ』を導入しました。

バナペリオの特徴

安全無痛・・・歯と歯肉の境目に付着した歯肉緑下の歯垢を採るだけなので安全で痛くありません。
簡便迅速・・・専用の反応器で5分間反応を促進させるだけで結果が出ます。
結果は一目瞭然・・・検査結果は試験紙に出る青色の濃淡で判断できるため肉眼で認知できます。

と、とても気軽に行えます。

 ひどくなる前に検査を受けて、陽性の場合は、ブラッシング指導やクリーニング、歯石の除去や生活指導など専門家によるプロフェッショナルケアを受けて進行を防ぎましょう。陰性だった場合でも、予防方法を学び定期的な予防をしていきましょう。

歯周病治療

 レーザーによるPocket Elimination Techniqueで治療した結果をご覧ください。
歯肉の引き締まりはもちろんのこと、しっかりと歯茎が歯根に付着している事が分かります。

 金属冠の端からの歯茎のラインが著しく下がっていることが分かります。もちろん、麻酔は一切使っていません。

再生療法

—各種再生歯科材料についてー

 iPS細胞の画期的な発見・発明・各位領域への応用実験等により「再生」という言葉がすっかり定着しました。しかし、現実的に今、どう対応するかということになれば、「待ったなしで、現状で最良の治療」を提供するのが医師の務めと考えています。私の考えでは、本来の生体が持つ「修復力」を引き出せてやり現段階(すでに汚染・崩壊された状態)で最良の状態で破壊・汚染をストップさせて、生体の機能を回復させることがベストと考えています。
 したがって、積極的に組織の再生と回復のためには十分のエビデンスと実績のある補助製剤を使用しています。それは「エムドゲイン」とスイス製「Bio-Oss」を線択しています。その他にも、PDGF(血小板由来の成長因子)やBMP(骨形成タンパク )、DFDBA(ヒト脱灰凍結乾燥骨)などの応用も考案、実施されていますが、ガン細胞の成長助長作用の有無が未だに不明なものがあります。当院で使用を決定しているものは、これらの危険因子に対して十分研究された歴史のあるもので安心して使用できます。
 もちろん、これらを使用する前提も「レーザーによる不良肉芽・感染物質の蒸散・殺菌・生体の修復力の活性」とオリジナル・テクニックの歯肉整形を行った上での「併用」です。しかも、骨の欠損状況などにより適応が左右されますので、経験豊富な歯科医師の判断が不可欠です。
 最後に少し詳しく、これらの「再生補助薬剤」について説明しておきます。
「エムドゲイン」は1997年にHammstrom博士らにより考案開発されたもので、ブタ由来のエナメルマトリックス デリバティブで20数年以上にわたり世界で広く使用されている実績があります。「Bio-Oss」も25年以上も臨床に使用され続けている製品で積極的に骨築成する為にコラーゲンテープでシールドするようなものまでラインアップされて本格的なシステムです。

  • 症例1)歯の動揺が顕著で周囲からも膿たくさん出ていた。ばっしが妥当な処置と思われたが、臼歯が左右ともに無くなるので、歯周外科処置と補填材で保存した


    • 術前

    • 術中

     歯の前側から根の分岐部にわたり、大幅な骨の欠損があった。


    • 術後3年

    骨の添加が認められて、歯茎の炎症もコカトロールされている。
    メンテナンスが良好であれば、使用し続けられる処置が完了。

  • 症例2)上大臼歯の手前側に大きな骨の欠損が認められる


    • 術前

    • 1年6ヶ月後

      適切な処置で骨の添加・再生で
      歯の動揺が抑制された

  • 症例3)下顎6番と7番目の歯の間の骨が大きく吸収されている


    • 術前

      骨の欠損とともに大きな縁下歯石


    • 10か月後

      骨の添加・再生が認められる