広島県広島市中区舟入南2丁目1-1

082-294-8848

広島県広島市の林原歯科クリニック|最新レーザー治療、無痛治療、いびき治療、歯周病治療、ホワイトニング、矯正歯科

セミナー情報

症例集 セミナー情報 歯科医師・衛生士 募集中 dentoloesthetic blanc neige

学会活動

2016年10月30日(日)実習セミナーを行います。

2016年7月16日・17日・18日第15回WFLD Congress.に出席

 16日学会に先立つPre-meetingにおいて、5人の招待講演者の一人として” Periodontal treatments using Two wavelengths laser system”と題し、40分間の講演を行いました。
 懇親会では歯科用レーザー界で著名なProf. Olivi(イタリア)とDr.Simunovik(スイス)と貴重な意見交換をして、終了後には日本料理と日本酒を味わいながら楽しい時間を過ごすことができました。

2016年6月9日・10日 第144回日本歯科保存学会に出席

2016年3月31日 若手歯科医師教育用教材DVDの撮影を7時間かけて行いました。

6月1日 リリースされました。
10月には関連講習会を大阪で開催予定

2015年11月22日・23日 日本睡眠歯科学会

日本睡眠歯科学会に参加してきました。

2015年11月11日・12日 日本歯科保存学会秋季学術大会

日本歯科保存学会秋季学術大会に参加してきました。

2015年8月13日~14日 NightLase&SmoothLase セミナー(アメリカ-ラスベガス)

Aria Resort & Casino, Las Vegasにて。
認定医授与。


  • Dr.Schiffmanによるイビキ治療指導

  • ほうれい線除去術の実地指導

2014年8月13日~14日 スロベニアのFotona社訪問。インストラクターの依頼を受ける

Fotona社専属インストラクター Dr.Simunovicと教育方法の打ち合わせ(スイス)。
認定医授与。


  • Fotona社での研修・説明会

  • インストラクターDr. Simunovic
    と講習の打ち合わせ(スイス)

2013年2月7日~9日 ALD 20th Annual Congress(カリフォルニア、パームスプリングス)にて発表

新しいレーザー・アシスト歯周治療法について講演。
2015年ALDメンバーズ・セミナーにてこの治療法「Closed Flap」についてセミナー予定有り。

2012年2月29日~31日  ALD 19th Annual Congress in Scottsdale, AZ, USA

ALD 19th Annual Congress in Scottsdale, AZ, USAで「レーザーによる審美的治療」と「レーザーによる歯周疾患の新治療方法」について講演した。

2011年11月3日~5日  WCLI Super Symposium in Montebello, CANADAに参加

レーザー治療による歯周疾患治療方法についてDr.Rossembergと打ち合わせを行う。

2011年9月2日~4日 TALD学会

台湾の首都台北市で開催されたTALD学会に講師として招かれて、一時間歯科用レーザーの使用方法と効果について講演。


  • 講演風景

  • 講演風景

セミナー開催予定

2015年より新レーザー歯科治療の講演会を順次開催予定です。

セミナーを開催しました ~vol.3~

 3月12日、広島YMCAにて、歯科医師・歯科衛生士を対象としたレーザーによる歯科治療とレーザーの具体的な使用方法について、当クリニック院長と主任衛生士が講演・実習を行いました。


  • 実習風景

  • 実習風景

セミナーを開催しました ~vol.2~

 7月に引き続き、Waterlase YSGG 第2回アドバンス ハンズオンコース 『レーザー・マイクロスコープを活用したマイクロサージェリー』のセミナーを、9月23、24日の2日間に渡って開催いたしました。

 広島大学大学院教授小川哲次先生と、林原歯科クリニック院長・WCLI-Japan理事、林原久盛が講師として、1日目は当クリニックでの講義やライブデモ、実習を、2日目は広島大学病院内での実習を行いました。
「テレスコープ」とは医療用拡大鏡のことで、臓器移植や心臓外科でも用いられております。さらに高倍率な「マイクロスコープ」は、脳外科や眼科で多く使用されています。

 精密治療の考え方が一般化しているアメリカでは、すでに65%(※拡大鏡メーカーによる)の歯科医師がテレスコープを日常的に使用しています。日本でテレスコープを使用している歯科医師はまだごくわずかで、質の高い治療を患者様に提供しようと、ようやく導入が始まったという段階です。
最先端の高度な歯科医療では、肉眼では捉えることのできない細かさ、精密さが必要とされます。初期のむし歯などについて可能な限り削らない治療法(ミニマル・インターベンション)が多く採用されるようになり、より高度な技術を要する歯槽骨の再生治療やインプラント(人工歯根)の植立、審美的に優れた修復治療へのニーズが高まっています。

 今、テレスコープの普及は、より多くの人が精密な治療を受けるために欠かせない物だと言えるでしょう。
より精密な治療を広め、患者様に提供したいという願いをひとつに、今回のセミナーも充実した内容となりました。

セミナーを開催しました ~vol.1~

 先日、当クリニックで、歯科用レーザーWaterlase WaterlaseMDを使用している西日本地域のドクターを対象に、セミナー(プレアドバンスコース)を開催しました。
レーザーの基礎知識から実際のテクニックを、当院長が講師としてアドバイスしました。参加していただいたドクターの方々と共に、治療技術の向上に励みました。

 レーザー治療は痛みがほとんど無く、治りが早いのが特徴です。従来困難だった治療でも、レーザーを使えばよりスムーズに治療することができます。欧米などではもう当たり前の治療法で、日本でもレーザー治療の可能性はどんどん広がっています。 レーザー治療の素晴らしさを患者様にもっと知っていただければ、快適なデンタルライフを過ごしていただけるのではと思っています。

 今回行ったセミナーは、好評をいただきました。今年9月にアドバンスコース(2days)を行う予定にしています。